離婚が原因で出会い系を利用してみました

私は新潟県に住んでいますが、ガラケーが普及し始めた若い頃、出会い系サイトで出会い、会ったことがあります。サイト中のやり取りで、しばらくメールをしていました。
出会い系は、危険というイメージがあったので、メルアド非公開のサイトを探し始めました。”危険”というイメージがあるなら、やらなければいいのにと思うかも知れませんが、好奇心が旺盛だったので”少しくらいなら”とか”会わなくてメールだけなら”という感じで始めました。
また、その当時、”離婚”を経験した為、寂しいという気持ちも後押ししたんだと思います。自分の紹介をのせて直ぐに、サイト経由でどんどん、男性から紹介文や”今日会える?””今日時間ある?”など、いかにも真面目そうな感じから、やりたくて誰でもいいから会いたいという人まで、本当にこんなにメールくるのという感じでたくさんきました。”選び放題”ってこういう事を言うんだろうなっと思うくらい本当にたくさんきました。
その中のひとりのコメントが良かったので、サイト経由でやり取りをしました。でも、だんだん会ってみたいなという気持ちになって…でもやっぱり出会い系は”危険”という気持ちもぬぐえず色々な感情がしばらく続きました。なんとなく”でも大丈夫かも”と思い、私のメルアドを教えてガラケーで直接やりとりを始めました。
彼氏や彼女という位置づけでなく、あくまで出会い系サイトで知り合った男友達という感じです。メールをしているうちに段々と、相手の色々な事が知りたくなって、”会ってみたいなあ”と思うようになってきました。”好き”とか”嫌い”とか言う感情でなく、ただ”相手の事がもっと知りたい”という感じだったと思います。しばらくガラケーでメールしてから、どちらからともなく”会ってみたいね”というやり取りをして会う事になりました。
待ち合わせ場所は、新潟駅近くの公共施設となるべく人がいる場所を選んで待ち合わせしました。会うと決めてもやぱっり心のどこかで出会い系は”危険”という気持ちがあったから、人が多くいる場所を選んだんだと思います。約束はしたけど”本当に来るのかな”とか”怖い人だったらどうしよう”とか待ち合わせ場所に向かうまで心配な事もあったのを覚えています。ガラケーで会う前に写真のやり取りをせず、自分が身に着けている目印を相手に教えて待ち合わせをしました。ガラケーでメールのやり取りをしていたので、全く知らないという感じではないけれど、どうしても心のどこかに不安がありドキドキでした。私の方が先についていたのですが、しばらくしてひとりの男性が”〇〇ちゃん”と声をかけてくれました。”会ってみたいな”と思って自分で決めてあったのに、すごくドキドキでした。そのドキドキの中に、”遠目から見て帰らず声をかけてくれて良かった”というホットした感情があったのを覚えています。
その後、ファミレスに行きお茶をしました。その日は、その後帰宅。帰宅後、会った時に直接聞けなかった”自分の印象”をメールで聞きました。私の感想は、背が高くかっこいいという印象でした。その後、時々会ってご飯を食べていましたが、数か月後付き合う事に。でも、1年くらいして何となく分かれてしまいました。

 

新潟市 新潟市北区 新潟市東区 新潟市中央区 新潟市江南区 新潟市秋葉区 新潟市南区 新潟市西区 新潟市西蒲区 長岡市 三条市 柏崎市 新発田市 小千谷市 加茂市 十日町市 見附市 村上市 燕市 糸魚川市 妙高市 五泉市 上越市 阿賀野市 佐渡市 魚沼市 南魚沼市 胎内市 聖籠町 弥彦村 田上町 阿賀町 出雲崎町 川口町 湯沢町 津南町 刈羽村 関川村 粟島浦村