既婚者の彼をすきになってしまった切ない恋愛話

出会いは職場でした。たまに見かける彼は爽やかでとても素敵でした。
職場ということもありなかなか声をかけることも出来ず、辛うじて挨拶をすることがとても楽しみでした。何回か顔を合わせていると相手からも挨拶をしてくるようになり、少しずつ会話をするようになりました。

 

最初はお互いに無表情で挨拶をしていたのですが、少しずつ笑顔が増え楽しくなってきました。年頃もあって独身か既婚かが凄く気になりましたが、誰にも聞くことも出来ず少し期待しながらも既婚前提で接していました。こんな挨拶だけしている関係が半年ほど続き、少しふわふわしながらも楽しく過ごしていました。

 

ある日、その彼と同期だという男性がいたので、飲み会の席でもあったので思い切って彼が独身か既婚か聞いてみたところ、既婚でした。素敵だしやっぱりなあという思いと、少し期待していたのでコツーンと小さい衝撃もありました。
笑顔で挨拶以外は踏み込んだらダメだと自分に言い聞かせました。そんなある日、彼から気さくに世間話をしてきて、ドキドキはしましたが割り切っているので普通に対応しました。

 

それから会話だけですが、仲良くなるのに時間はかかりませんでした。私は周りの目は気にしますので、当たり障りなくあまり話しかけることはなかったんですが、彼は気にしないのか私を見かければ世間話をしてくるようになりました。
春が近づき異動のシーズンがやってくると、彼は異動すると噂が耳に入りました。離れると分かるとわたしの思いは加速し、ダメだとわかっていてももっと近づきたいと思うようになりました。

 

思いがバレたのかたまたま送別会でお店が一緒になった時に、お酒のチカラもあってか距離を縮めてきて、何人かで二次会に行きました。そうそうに連絡先を交換し遊ぶ約束もしてしまいました。叶わぬ思い、叶えたらいけない思いだとはわかっていますが、もしも本当に遊ぶことになったら私の思いが止まらなくなりそうで怖いです。